薄毛というと大人がなるイメージが強いですが、実は小学生でも発症することがあります。
場合によっては薄毛がきっかけで学校でいじめられることもあるので、子供の薄毛を軽視してはいけません
でも、薄毛の原因は大人とは異なるため、同じようなケアをしても意味がないです。
正しく対処するには、小学生の薄毛の原因を正しく理解しておく必要があります。

ヘアスタイル

小学生の女の子に多いのがヘアスタイルによる薄毛です。
ポニーテールなど長時間髪が引っ張られるヘアスタイルをしていると、髪の分け目や生え際が薄くなることがあります。
ひどくなると地肌が透けて見えることもあるので、ショートカットにしたり、分け目を変えるなどの工夫をしてください。

ストレス

大人と同じように小学生もストレスを受けながら生活をしています。
そのストレスが部分的に円形に薄くなる円形脱毛症や自分で髪を引き抜いてしまう抜毛症などの脱毛症を引き起こすことがあります。
問題となっているストレスを解消しない限り治らないので他の原因よりもやっかいだといえます。

睡眠不足

「寝る子は育つ」といわれていますが、これは事実で、寝ている時に最も成長ホルモンの分泌が活発になります。
睡眠時間が足りないと成長ホルモンが満足に分泌されず、身体の成長だけではなく、髪の成長にも悪影響を及ぼします。
夜遅くまで起きている小学生ほど薄毛になりやすいそうなので、なるべく早めに寝かせるようにしてくださいね。

食生活の乱れ

小学生であれば一つや二つ好き嫌いがあっても当たり前ですが、極度の好き嫌いは薄毛の原因になるので注意してください
好き嫌いが激しいと髪の成長に必要な栄養を十分に摂ることができず、抜け毛が増えてしまいます。
無理に食べさせると余計に好き嫌いが激しくなるので、自然に食べてもらうにはどうすればいいのか考えてみましょう。

頭皮の不衛生

お風呂に入るのが面倒で入らずにそのまま寝てしまったり、髪を洗っても汚れを上手に落とせない小学生も多いと思います。
これも小学生の薄毛の原因の1つです。
髪をしっかりと洗わないと頭皮環境が悪くなって、薄毛を引き起こしてしまいます

鉄分不足

鉄分は髪の成長に必要な栄養素なので、これが足りなくなると髪も抜けやすくなります
成長期の小学生は鉄分不足になりやすく、鉄欠乏性貧血という貧血になることも少なくありません。
顔色が悪い、疲労が取れない、めまいがする、抜け毛が多いといった場合は、鉄欠乏性貧血を疑った方がいいでしょう。

頭部白癬

フケが大量に発生している、髪が簡単に抜けてしまう、という場合は、頭部白癬の可能性があります。
頭部白癬は頭部に白癬菌が感染することで発症し、特に男の子はかかりやすいといわれています。
自然に治るものではないので、頭部白癬かもしれないと感じた時は、早めに病院に連れて行きましょう。

アレルギーや病気

アレルギーや病気が原因で薄毛になる小学生もいます。
この場合、まずは原因となっているアレルギーや病気を改善するのが先決です。
症状が良くなるとそれに伴って薄毛も徐々に治っていくでしょう。

小学生の薄毛に育毛剤は効くのか

小学生の薄毛は、基本的に原因を解決すると改善していくので、育毛剤を使わなくてもそのうち治っていきます。
でも、あまりにも薄毛がひどい場合は、育毛剤の使用も検討された方がいいでしょう。
育毛剤は大人の薄毛だけではなく、小学生の薄毛にも効果があります
使用することで早く抜け毛を治せるので、子供が薄毛に悩んでいるのであれば、早めに試してみてはいかがでしょうか。
ただ、小学生が使用する場合、大人以上に注意したいのが育毛剤選びです。
いい加減に買ってしまうと刺激が強すぎて、余計に薄毛がひどくなったり、健康に悪影響を与える危険もあります。
小学生でも使える育毛剤の特徴は「天然成分由来」「無添加」「強力育毛成分が配合されていない」の3点です。
天然成分由来のものや、無添加のものは低刺激なので、頭皮がデリケートな小学生でも安心して使うことができます。
また、ミノキシジルやプロペシアといった強力な成分が配合されている商品は、あまりにも刺激が大きすぎるので使用はやめてくださいね

なるべく早く育毛クリニックへ!

薄毛クリニックは、大人だけではなく、小学生だって通うことができます。
子供の抜け毛が多くて悩んでいる場合は、試しに専門家に相談してみてはいかがでしょうか?
小学生の薄毛の原因は色々考えられるので、素人が特定するのはなかなか難しいです。
特に病的な薄毛となると私たちではどうすることもできないので、プロにお願いするしかありません。
薄毛クリニックに行くと原因に合わせた専門的な治療を受けられますし、様々なアドバイスもいただけるので、ひどい薄毛でも改善できます。
でも、治療が遅れると治るのも治らなくなります
薄毛は早期治療が大切なので、「この抜け毛の量はおかしい」「急に薄くなってきた」などと感じた場合は、早めに薄毛クリニックに連れて行きましょうね。
それに、小学生くらいの時期はまた社会性が身についていなくて、「ハゲ」とか平気で馬鹿にするクラスメートも多く、デリケートな子ではそれがストレスで心の病や自殺にまで追い込まれる場合もあります。
そうならないためにも、まずは親が薄毛の状況を観察してあげて、なるべく早めに薄毛クリニックへ連れて行ってあげましょう。
ここでは、小学生の薄毛でも気軽に無料カウンセリングしてくれる薄毛クリニックを紹介します。

管理人

管理人オススメ! ヘアメディカルビューティー
小学生の薄毛はイジメにあう前に一度専門家に相談を!

ヘアメディカルクリニック

ヘアメディカルビューティー
小学生の薄毛はとても、デリケートなものです。イジメの原因になることも少なくないと思います。シャンプーや育毛剤も効果はありますが小学生の薄毛は病的・体質的な場合もありので一度専門家の無料カウンセリングをうけてみるといいでしょう。適切な診断と治療を受けられると思います。